寒さに関して

ふもとっぱらは標高830mの朝霧高原に位置し、朝晩が大変冷え、風が強く吹くこともあり、最低気温は-10℃近くになります。

キャンプの装備といたしましては冬用テント・冬用シュラフ・ストーブは必須となります。エンジンをかけての車中泊はできません。

十分な防寒対策をお願い致します。

 

水場に関して

水場はご利用できますが、凍結防止のため不凍結栓を回してお水を出すようお願い致します。

※朝晩は凍って回らないことがあります。破損の可能性がありますので、無理に回さないで下さい。

 

火気取扱いについて

冬季は空気も芝生も乾燥しており、風が強く吹くことも多いため大変火事が起こりやすくなっております。
焚火台を使用していても芝生やテントに燃え移る可能性がございます。
風が吹いている時は焚火は禁止しております。
焚火をされる方は下記事項を必ずお守り下さい。

 

天候状況を見て焚火の中止をお願いする場合がありますので、ご了承ください。

灰をキャンプサイトの端へ捨てる方がいらっしゃいますが、十分消火したつもりでも燃え上がる可能性があり大変危険です。灰は必ずゴミステーションのドラム缶へ完全に消火した状態で処分して下さい。

また、焚火だけでなく、ストーブやコンロからの発火の場合もございます。

火気の取り扱いには十分お気をつけ下さい。

 

ストーブの取り扱いに関して

ストーブの利用による一酸化炭素中毒が起こりえます。

換気は十分にして頂き、就寝前には必ず消して下さい。

ストーブが倒れる程の強風が吹くことがあります。倒れないようにしっかり固定をして下さい。

 

道路凍結に関して

朝晩は周辺で路面凍結がみられます。

タイヤは冬用タイヤにされることをお勧めしております。

山梨方面からお越しの際は、特に注意が必要です。

2月はキャンプ場内に積雪が残ることもございます。

道路状況、天候等ご確認の上、ご来場下さい。

 

 

冬は富士山が最も綺麗に見える季節です。

万全の装備で快適なキャンプをお過ごし下さい。